ルームシェアと衛生問題。片付けられない友人二人はどうなるのか?

夏の少し前から、友人の沼太郎くん、ガギンくんがルームシェアを始めた。二人は僕を介して知り合った。もう何年も前のことだ。

今では仲良しの二人がルームシェアをしている。一体どんな生活なのだろうか。気にならないといえば嘘になる。

彼らの暮らしは上手く進んでいるのだろうか? 

僕は久々に彼らの住いに顔を出してみた。

 

f:id:IQ777:20170922084356j:plain

荒れていた。

まだ開封されていない荷物が目につく。

沼太郎くんの部屋は撮影許可が降りなかったため省きます。

 

さて、彼らの暮らしには問題がある。まず一つが衛生状態だ。むき出しのゴミ袋が置かれているスペースにはコバエが集っていた。ニオイもする。これはまずいと思ったので、まず最初にゴミ箱を買え! とアドバイスした。

 

これを三つほどAmazonで購入。設置させる。

沼太郎くん、ガギンくんは掃除が苦手だ。だがしかし、こんなに汚い部屋になるとは思わなかった。お互いに共同生活をするのだから、両者気を使い、最低限の衛生状態は保たれるだろうと、踏んではいたのだが……。

 

 

その時、ふと、数年前ガギンくんが東京で初めて一人暮らしをしたときの事を思い出した。彼の家に初めて遊びに行ったあの日の光景が、フラッシュバックする。

 

 

 

f:id:IQ777:20170922092730j:plain

あの頃に比べりゃあ、だいぶましになったか……。

 

彼らの前途多難なルームシェアはまだ始まったばかりだ。

これからどんなことが起こるのか、推移を遠くから見守っていたい。

 

そういえば、ごく自然にドラえもんのTシャツを着ていたガギンくんがちょっと面白かった。