ぐるり地元。横須賀 貝山緑地

時間と暇を持て余していた。僕はいつも通り散歩に出ようとしていた。

しかし、気分的に「いつもと同じルートを辿るのもなんだかなぁ」という感じだった。

友人のガギンくんに連絡を入れて、軽く散歩でも行こうよと誘うと、ついてきてくれることになったので、集合。どこ歩くかー、と相談していると記憶ははるか昔に飛ぶ。小学校の頃に行事でいった貝山緑地なんてどうだ? との案が出て来る。

よし決定。

貝山緑地は、夏島貝塚(こちらは割と有名)と割と近いエリアにある。工場地帯に面している一角で、目の前にはリサイクルプラザのアイクルがそびえ立つ。

 

f:id:IQ777:20170926193343j:plain

公園を上って行く。工場地帯からの景色が一点。山の中にいるのかと錯覚する(一応山だけど)

意外と坂が急だったので、ちょっと疲れた。

 

f:id:IQ777:20170926193352j:plain

頂上まではすぐだった。小さい頃に来たときは、もっと広くて上に着くまで時間がかかったはずなのだが……大人になったからだろう。

 

頂上の景色からはアイクルと海が見える。風もそこまで強くなく、過ごしやすかった。

アイクルの添いの道はちょっとした釣りスポットなので、朝から深夜まで人がいることが多い。

 

f:id:IQ777:20170926193408j:plain

ガギンくんが一服。相変わらずのドラえもんの服が面白い。

僕もタバコを取り出して、缶コーヒーをあけて景色を眺める。

 

そこから二人で、のんべんだらりと雑談。僕はバイトの契約も切れているし、ガギンくんは東京からのリターン組なので、現在求職中のふたり。彼も、早く食い扶持を見つけなくてはと苦笑していた。

話は昔話から、現在やっているバンドの事までと幅広い。

食べ物の話からいきなり「田舎で隠居したい」なんて類いの話にまで飛んだりと、緩急が激しい。僕も、山梨で学生生活を過ごしていたころのことを思い出して、もう一度田舎暮らししたいなぁ、とぼんやり考えた。

 

薄暗くなり、話も尽きたのでその日は解散。

 

これから自分たちはどうなっていくのかなー、そう思いながら、家路に着いた。