求人広告を見る。アットホームな職場とはなんぞや。

アットホームな職場です。求人広告で良くこのような謳い文句を目撃する。はて、それは一体どのような職場なのだろうか。僕は応募してみる気は無いのだけど、実際にアットホームな職場に就職された方がいるなら、その体験談とか聞かせて欲しい。ちなみに僕の友人には"簡単なお仕事です"に騙されて、腰と精神をやられてしまった人が居る。仕事は難しい……。

 

しかし、そんなことを言っていては何もできない。今すぐ何でもいいから働くんだ。既に生涯フリーターを覚悟したニートの僕は意気揚々と求人サイトの荒波を搔い潜る。めぼしそうな物もいくつか見つけた。さあいざ。

 

……マウスのクリックができない。

 

あれ、僕はバイトするのを怖がってる?

 

2ヶ月も怠けていたせいだろうか。それが理由かは分からないが、何故だか始めるのが怖い。

まず面接に通るだろうか。通った後に上手くやれるだろうか。あぁ、そもそも最初から僕は人と何かをするのが怖い。交遊や大学勉学関係ならいざ知らず、バイトのようにお金が絡むようになる『仕事』ととなると、どうしても尻込みしてしまう。

一番最初に職場に出向いて初対面の人との間に生まれるあの微妙な空気も苦手だ。そりゃ最初から「おう来たな!歓迎してやるぜ!」とはならない。相手だってこっちがどういう人間かを見定めようとしてるのだ。明るい奴なのか、暗い奴なのか、さてさてこいつは使いっ走りにできるかな、等。

出来る限り僕は愛想笑いと挨拶だけを絶やさないようにしてるが、そんな取り繕いもすぐに無駄になる。すぐに無口にチェンジ(たまーに猛烈に気が合う人とかがいて、そういう人がいると凄くやり易いのだけど)

 

ああ、こうやって社会不適合者はゆっくりと部屋で熟成されていくんだな。漬け物みたいに。

そう嘆いて窓の外を見ると今日は幾分か晴れていた。もし全ての後ろめたさから解放されて、あの青空の下を堂々と歩けたらどれだけ気分が良いものか。社会なんて関係ないね、僕は自分の好きな時にふらりと海に行き、ふらりと山に行く。気の向くままさ。そのようなスタンスでいれるほどの強力な精神力が僕にあれば……!

それでも「何してるんだろ、俺。どうにかしないと、なんとかしないと」ぐるぐるそれが頭を回るのだ。

たまにネット見かける「俺はニートで一生ずっとやってくぜ。今日も一日ラノベを書いた。ゲームをした。最高だ」系の人たちの精神力は凄まじいと思う。僕にはダメだ。それができない。不安になる。怖いのだ、社会から切り離されることが。しかし面倒くさいことに社会に溶け込もうとすることも怖いのだ。

どっちにしろ人間は、最後は人間とどこかしらで関わって生きていかなければならない。それは仕方がないことだから、そうする他ない。どこか機関に所属しているのは安心する。学生のときは謎の晏如感があった。それが例えバイトや派遣社員だとしても、どこかしらで何かをしてるという形があるだけきっとマシなんだ。

 

長考の末、僕はまた求人サイトの波に埋もれて行った。